「悪いこと」が起きたとき。

何か、うまくいかない事が起きた時、
その事実の受け止め方には2つあります。

「天罰」と受け取るか・・・
「成功へのステップ」と受け取るか・・・・

心を磨くことを決め、必死に頑張って生きてきた貴方は、
「悪いこと」を、簡単に「悪いこと」と受け止めることはないはず。

多くの人のように、
「ついてないなあ」とか「まいったなあ」とか
愚痴で片づけることはないはずです。

この「悪いこと」は、何を意味するのか・・・
たぶん、貴方はそれを考えるでしょう。

これは私に対する「罰」なのか・・・・
それとも、「人間万事塞翁が馬」、この「悪いこと」実は「悪いこと」ではない、
この「悪いこと」をどう解釈すれば「かえって良かった」に変えることができるのだろう・・・
と。

「罰」であるなら、貴方は反省をしなければならない。
「罰」は、神様の感謝すべきアドバイス。

これ以上、貴方が間違った方向にいかないように、少し手前で、ブレーキをかけてくれているのです。

だから、貴方は、気がつかなければならない。
何を教えてくれているのかを。

考えなければならない。
愚痴を言って、文句を言っても、何も変化は起こらない。

「悪いこと」は神様からのアドバイス。
貴方は守られている。

だから、アドバイスを受けることができるのです。
考えて。何を神様が伝えようとしてくれているのかを。

そして、これが「罰」ではない場合。
「悪いこと」は悪いことではないのです。

一見、悪いことが起きたように見えても、
それは貴方にとって、必要だった出来事。

最終的な結果を「善」に変えるためのステップなのです。

今は、一時的に悪いことが起こってように見えても、
それは、転機。

貴方は、事態を真剣に受け止め、どう行動することがベストか
考えればいいのです。

方向転換をしなさいというアドバイスなのです。
愚痴や不満をいう必要なないのです。

では、この2つの「罰」と「転機」。
この違いはどう見分ければいいのか・・・。

それは貴方の昨日までの行動にあります。
最大限の努力をしてきたか?

言い訳をせず、毎日を精いっぱい生きてきたか?
振り返ってみてください。

貴方に、どこか反省すべき点があるなら、
それは「罰」。

反省し、行動を改めて見てください。

自分の足りなかった点がきっと見えてくるでしょう。
何をすればいいか、何をしてはいけないかがわかるでしょう。

反省すべき点が見つからない場合、
それは「転機」。

順調に進んでいると、人は変化を望みません。
だから、神様が教えてくれるのです。
「そろそろ、こっちへ進んでいいよ」と。

できることなら、「罰」ではなく、「転機」を受け止めたい。

だから・・・貴方は常に、精いっぱい生きてみてください。
神様に「私、ちゃんと頑張ってますよ」と胸を張れる生き方ができたなら、
貴方に「罰」が来ることはありません。

「全ては転機」
そう、いいことしか起こらないのです。

全てはいいことなのです。

「罰」にしろ、「転機」にしろ・・・・
そう・・・そう考えたら、
その中には「意味のない悪いこと」は起こらない。

全ては貴方を幸せに変えるためのアドバイス。
貴方が何を感じることができるか・・・
せっかく貰ったアドバイスを無駄にしないでください。

愛にあふれたありがたいアドバイス。
感じてみてください。

2 COMMENTS

Hirokazu613

試練か。分かりました。
元気が出てきました。
最後の項まで読みます。コメントは、すべてには出来ないと思いますが、不思議によみつづけたくなりました。いまの自分は弱虫になっていました。そんな自分を気づかせてもらいまして、ありがとうございます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。