夢を持つということの本当の意味

夢を持つということは大切なことです。

人生の中盤以降の方なら、
「この人生において、やり遂げたいことがある。」
と、思うかもしれません。

若い方なら、
「数年後の自分はこうなっていない」
そんな風に思うでしょう。

子供たちなら、
「将来、大人になったらこんな仕事がしたい」
こんなことを考えているかもしれません。

夢は、いつでも自分を前向きにしてくれる、大切な要素です。

でも、あなたの夢は、本当にかなえようと思っている夢ですか?

夢の中には、本当の「夢」でしかないものと、
「目標に近い夢」の2種類があります。

今のあなたの夢はどちらでしょうか?

「夢」を「夢」としか、思えなくなってしまってはいませんか?

本来、夢は、日々それに向かって、数ミリでもいいから、毎日近づくものです。
その夢を叶える為の何かしらの行動が毎日なされるものです。

しかし、いつのころからか、
「夢を持つ」ということだけに満足してしまっている・・・・
そんな方がたくさんいます。

夢は叶えるために持つのです。

だから、意味があるのです。
だから、叶うのです。

夢は、夢ではないのです。
本当にかなえたい夢なら、目標に変えてください。

「大きくなったら、こんな仕事がしたい」
子供たちは、小学生くらいまでは、みんな自由に夢を語ります。
それが中学・高校に進むにつれ、
だんだんと現実の世界に触れ、その夢を語ることがなくなってきます。

それは、夢だったからです。

夢を目標に変えた子は、その道に向かって進んでいます。
他の子と同じように遊びながらも、確実に毎日、数ミリでも進んでいるのです。

だから、子供のころの夢がかなうのです。

大人の私たちも同じです。
「夢」を持っている・・・これは、いいことではないのです。
夢を目標に変えてこそ意味があるのです。

「夢」と意識しているだけでは、その夢はかなわないのです。
どうか、夢を目標に変えてください。

あなたが、夢を目標に変えた瞬間から、
多くの奇跡がやってきます。

叶えると「夢ではなく」「目標として実感」したときから、
それはやってきます。

運や奇跡は待っていて起きるものではありません。
あなたが掴むと、真剣に心の底から思ったときに起こるのです。

2 COMMENTS

日々新

ブログ、拝見いたしまして、
感動しました。
そして、勇気付けられました。
僕もブログでは、結構まじめなことばかり
書いて、
「正直浮いてるな。」
と感じていたのですが、
これからも前向きに考え、
自分の考えをブログに書いていこうと思います。
ありがとうございます。

返信する
バディ

はじめまして。
「何もかも嫌になる」
「夢」
いい記事を読ませてもらいました。
少し元気がでたような・・・
私自身最近は悩むことが多く・・・
少しでもストレスが減るように
いろいろ読ませてもらいます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。