頑張ることに疲れる日だってあります

「一生懸命生きている人」でも、
突然、ふと、何もかもが嫌になることがあります。

「一生懸命生きている人」だからこそ、
そう感じるのかもしれません。

自分を変えよう、
思いのままの人生を生きよう、
笑って毎日を過ごそう・・・・・・。

そんな風に、きっと、歯をくいしばって生きているんですよね。
周りが、マイナス思考に陥ってるときも、
その言葉に耳をふさぎ、
愚痴や不平や不満を言わず、一所懸命に生きているんですよね。

なのに・・・・ふと訪れる・・・この感情。
「なんだか、頑張ることに疲れた・・・・・・」
そんな風に感じる日がありませんか?

生きることに一生懸命なあなたは、その感情を認めません。

「そんなこと思っちゃダメ。またマイナス思考に戻りたいの!?」
そう、自分に言い聞かせ、また前を向くために、自分に喝を入れます。

でも、ちょっとだけ・・・・心が痛い・・・・。

ありますよ。
あなただけではありません。
前向きに生きることに、挑戦し、戦い続ける人は、みんな同じです。

そういう日だってあります。
責めないでください。自分を。

そんな自分を認めてあげて下さい。
頑張ってるから出た感情なんです・・・それは・・・。

だから、許してあげて下さい。
たまに、心が折れそうになる自分のことも。

いつか、強くなればいいじゃないですか。
今は、そういう日があってもいいじゃないですか。

どん底から頑張ってきたのでしょう。
ここまで、やっときたのでしょう。

辛い道を乗り越えて、前を向く決心をして、自分でここまで来たのでしょう。
その道は、とっても険しかったはずです。

「疲れたな」って思うことも当然のこと。
いいんです。

その時は、認めてあげて下さい。
無理に否定してはいけません。

「頑張ることに疲れる日だってある」
そう、思ってあげればいいのです。

一生懸命生きてきたからこそ、感じる感情なのです。
「疲れたな・・・」と思ったら、
「頑張ったからだ・・・」と、自分を褒めて上げて下さい。

頑張ったから、疲れたんです。
本当に、よく頑張りましたね。
自分の人生を生きることに。

大丈夫、ここまで来ることができたあなただから、
この先も進んでいくことができます。

はじめの一歩が一番苦しかったはず・・・・。
そこは、もうずっと前に、過ぎましたよね・・・・。
後は進むだけです。
疲れた自分を褒めてあげて下さい。
あなたが頑張って生きていることは、あなたが一番知っているはず。
大丈夫。
また、前に進めます。

5 COMMENTS

はんにゃ姫

はじめまして。
はんにゃ姫です。
読んでると心がホットします。
これからも、素晴らしいブログをお願い致します。

返信する
万里

>はんにゃ姫 様
コメントありがとうございます。
少しでも、心が軽くなってくれたら、嬉しいです。
また、いつでも遊びに来てください。
万里

返信する
えりこ

今、やっと自分が歳をとっているという自覚がわきました。
今、文章読みながら、限界ってなんだろうって思い続けました。いつまで続くのかなぁ…っていう話し合いのけんかの仕合いに巻き込まれた自分に限りない終止符を打ちたかったと…。
いつのまにか何にもせずに嫌われてくだけで(笑)
勘違いかなぁ…って思っていたんですけど、やっぱりあたしかなぁ…とか(笑)
ついつい…
気のせいだし、気にしすぎとはよく言われてるんですけど[e:263]鬱っぽいとか…
何かに耐えれないのではなく、ただ…
色んな気遣いに凄く感謝したいのに…
なんか何にも返せない自分に不甲斐なさやら情けなさやらと。すごい理解されたけど、でもいるうちに痛くなるはりねずみのジレンマみたいな(笑)
居場所がなんかないなぁ…とか思います。わがままだなぁって言っても、いざ! 何の役にも立たない[e:263]出来ても1日、2日(笑)
毎日、毎日…
予想を遥かに超えている現実ばかりで[e:263] 男なら!とか…
女ならでは!に多分出来ないプライドやらで…
何にもわかるふり。
でも理解してるのは私だけ?とか…
それって… 出来なければただの無駄なのに…[e:263]
やれば誤解(笑)
事細かい厳しい機械並みのチェッ

返信する
のんちゃん

人間関係に疲れ、気分が落ち込んでいたので、すごく救われました。
らく~になりました。
また落ち込んだら、読み返そうと思います。

返信する
シャチ

ありがとうございました
すごく救われた気がします
壁にぶち当たったときにまた読みたいと
思います

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。